緑内障を治療する方法を知ろう|綺麗な視界を得る

笑顔の看護師

視力の低下学ぶ

女性

治療方法は色々あります

中高年期から発症しやすくなる目の病気として、緑内障があります。緑内障には点眼薬や内服薬を使った治療方法と手術による治療方法の二通りが大きく分けてあります。点眼薬や内服薬を使った治療が、基本的には第一選択です。緑内障は目の中の房水という水分がたまってしまい、眼圧が上昇することによっておこる疾患です。そこで原因の房水を減少させたり、房水が目の中でよく流れるようにすることによって治療を進めていきます。これらは点眼薬で治療可能で、手術はすぐに適用になりません。疾患が進行する場合は手術が必要です。手術は大がかりなものではなく、長くても2時間もかかりません。手術によるメリットは点眼薬よりも眼圧が確実に下がり症状が改善する点です。点眼薬での治療が難しい場合に、この治療法が選択される場合があります。

この疾患のこれからを知る

緑内障は40代ごろから発症が増え始め、その後加齢に伴って割合が増えていきます。これは年を重ねるほど、緑内障の原因である房水が目の中でたまりやすく、流れにくくなるためです。高齢者ほどリスクの高い疾患なので、現在の日本において多い疾患であるといえます。加えて現在、若者が緑内障に今後なる可能性が高まるだろうといわれています。近視は緑内障の発症リスクを上昇させます。日本は元来、近視大国といわれ近視の方が多い国です。子供のころからの塾通いやゲーム、テレビに加え現在ではパソコンやスマートフォンによるインターネットにより、近視の方は増えています。これは将来緑内障を発症する可能性が高い人が多くなることを暗示しています。

目の病気が増えています

目元

高齢化によって緑内障は増加しています。若年者の緑内障が問題となっており、原因は近視の増加とコンタクトレンズの使用とも言われています。緑内障には様々な種類のものがあり、手術が必要になるものもあれば、点眼薬で対応できるものもあります。

詳細へ

老後の視力

2人の医者

緑内障の患者は30代ごろより発症し始めます。日本国は高齢化しており、年齢が進むほど発症する緑内障は今後増加していくでしょう。また緑内障の治療では点眼薬を正しく使うことが大切です。使用量やタイミング、使用後のケアを知っておきましょう。

詳細へ

眼圧が上がってきたら

3人の看護師

若い世代の間で緑内障が関心を集めています。理由はかすみ目やスマートフォンによる近視、コンタクトレンズの使用が緑内障の初期症状だったり、発症原因だったりするからです。また緑内障の点眼薬治療ではさし忘れを予防する事が必要となります。

詳細へ